主婦でもカードローンの利用は可能?

主婦・専業主婦は、カードローンの利用が難しいとされています。
ですが、主婦だからといってカードローンの利用を諦める必要はありません。

主婦でも、カードローンの利用ができる可能性は十分にあります。

そもそも主婦のカードローン利用を困難にしているのは、貸金業法の「総量規制」。「原則、個人が借入できる金額は年収の3分の1まで」という総量規制の制約のために、収入がない専業主婦は、原則として借入できなくなってしまったのです。

ただし、主婦であっても、パートやアルバイトによる一定収入があれば主婦でも借り入れは可能。
アコムなどでは、女性向けカードローンなども用意されています。

また、総量規制を含む貸金業法は、銀行には適応されません。
それは、銀行が(貸金業法ではなく)銀行法という別の法律の下で運営されているため。
よって、銀行が提供するカードローンは、総量規制の対象外となるのです。
そのため、銀行のカードローンなら、収入が全くない主婦でも利用できる場合があり、実際にイオン銀行などでは専業主婦向けのカードローン利用サポートも実施されています。

主婦のカードローンの利用について、まとめると以下のようになります。

・主婦でも一定の収入があれば、消費者金融系カードローンの利用が可能(アルバイトやパートもOK)
・銀行のカードローンなら、無収入の専業主婦でも利用できる可能性がある(配偶者等に安定収入が求められる)

つまり、主婦だからとカードローンの利用を諦める必要はないのです。

主婦に人気があるローンがあります。

主婦というとなかなか融資がおりづらい印象がありますが、実は主婦でも問題なく借りれるケースは増えています。特に収入のある方であれば、主婦であってもそういうことは関係なく審査に通ります。また専業主婦であっても借入可能なところもあります。